がんとは?

私たちの体は、約37兆個の細胞で構成されています 1)
正常な細胞は、際限なく増殖することがないように遺伝子によってコントロールされていますが、なんらかの原因によりその遺伝子に変化(遺伝子変異)が起こると、細胞は異常な分裂と増殖を繰り返すようになります。このような細胞をがん細胞といいます。

国立がん研究センターがん情報サービス「患者必携がんになったら手にとるガイド」

このために引き起こされるのが『がん』という病気で、無制限に増殖を続ける(自律性増殖)、周辺臓器に広がり(浸潤)、体のあちこちに飛び火する(転移)、正常な組織が必要とする栄養を奪い、体を衰弱させる(悪液質)という特徴があります。

がんの特徴

  • 無制限に増殖を続ける(自律性増殖)
  • 周辺臓器に広がり(浸潤)、体のあちこちに飛び火する(転移)
  • 正常な組織が必要とする栄養を奪い、体を衰弱させる(悪液質)

1)Bianconi E, et al. Ann Hum Biol 40: 463-471, 2013