がん治療費と仕事


支給を受けるには?

“認定証”を事前に掲示して窓口での自己負担を上限額までとする方法と、いったん窓口で自己負担を全額支払った後に申請により上限額を超えた金額の払い戻しを受ける方法があります。

●“認定証”で窓口での支払いを上限額までとする方法

これから高額な医療費を支払う予定がある場合に便利です。入院する前に手続きをしておけば、一度に用意する費用を少なくできます。

 

●いったん窓口で支払った後に申請により払い戻しを受ける方法

すでに支払いを済ませてしまった高額な医療費がある場合でも、申請により過去にさかのぼって支給を受けることができます。