膀胱がんとは


原因:「膀胱がん」の原因は?

膀胱がんの原因として、以下との関連性が知られています。1,2)

●喫煙との関連

喫煙は、最も重要な危険因子とされています。喫煙者は非喫煙者と比べて、膀胱がんの発症リスクが2~5倍に増加するといわれています。

喫煙との関連

●原因となる化学物質との関連

印刷業や製造業、研究などで原因物質(芳香族アミン類)を含む化学物質や染料を扱っている人は、膀胱がんのリスクが高くなります。

原因となる化学物質との関連

また、かつて解熱・鎮痛薬に含まれていた成分(フェナセチン)も、膀胱がんの発生要因になりうるといわれています。なお、フェナセチンは現在、日本では使用されていません。

その他には、膀胱内の慢性炎症や、放射線治療時の膀胱への被曝、一部の抗がん剤、精神安定剤の長期投与によって、膀胱がんの発症率が高くなることが知られています。

  1. 1)日本泌尿器科学会 編. 膀胱癌診療ガイドライン 2015年版. 医学図書出版, p3-5, 2015.
  2. 2)山本新吾. 泌尿器 Care&Cure Uro-Lo 2016; 21: 456-458.