膀胱がんの検査・診断


がん診断までの流れ 1,2)

膀胱がんの検査には、

  • がんの有無の見当をつける検査(尿検査、超音波検査)
  • 膀胱がんの確定診断を行う検査(膀胱鏡検査、病理検査)
  • 治療方針を決めるための検査(CT・MRI検査、骨シンチグラフィ検査)

などがあります。
膀胱がんの確定診断は、「病理検査」やその他複数の検査を組み合わせて行います。

  1. 1)上田康生. 泌尿器 Care&Cure Uro-Lo 2016; 21: 466-469.
  2. 2)日本泌尿器科学会 編. 膀胱癌診療ガイドライン 2015年版. 医学図書出版, p9-14, 2015.