治療

①手術療法

i. 手術療法の概要 1)

膀胱がんの手術は、大きく分けて2つあります。
ひとつは尿道から内視鏡(膀胱鏡)をさし込み、膀胱内のがんを取り除く「経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)」、もうひとつはお腹を開いて膀胱をすべて取り除く「膀胱全摘除術」です。
「膀胱全摘除術」では、尿をためる膀胱を取り除いてしまうため、新たに尿の通り道を作る「尿路変向術」もあわせて行われます。
「膀胱全摘除術」が適応となる場合でも、検査結果や患者さんの体の状態、QOL(生活の質)を考慮して、「膀胱温存療法」を選択する場合もあります。

膀胱がんの外科療法の種類

手術の種類 説明
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT) 尿道から膀胱鏡をさし込み、膀胱のがんを取り除く。
膀胱全摘除術(開腹または腹腔鏡下) 下腹部を切開して膀胱を取り除く。
尿路変向術 膀胱にかわって尿の通り道を作る。
膀胱温存療法 膀胱全摘除術をせず、全身薬物療法と放射線療法を組み合わせて治療する。
  1. 1)国立がん研究センター. がん情報サービス, それぞれのがんの解説(膀胱がん)(2017年3月時点)

ii. 経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)2,3)

「経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)」は、尿道から内視鏡をさしこみ、膀胱のがんをけずりとる手術です。検査時に膀胱がんの状態を調べる「病理検査」を行うために実施されます。

図 膀胱鏡(イメージ)

膀胱鏡(イメージ)

先端にライトと小型カメラ、電気メスがついた細い内視鏡(膀胱鏡)を用いて、がんの周辺部を含めけずりとります。

図 経尿道的膀胱腫瘍切除術の方法

経尿道的膀胱腫瘍切除術の方法
  1. 2)内藤誠二. 膀胱癌のすべて -基礎から実地診療まで-, メジカルビュー社, p48-51, 2002.
  2. 3)吉田修 監. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん. 医薬ジャーナル社, p54-57, 2010.

iii. 膀胱全摘除術と尿路変向術 4,5)

●膀胱全摘除術とは

膀胱全摘除術は、膀胱がんをすべてとりのぞくために、膀胱を摘除する(すべてとり出す)手術です。開腹による手術と腹腔鏡による手術があります。
膀胱の壁(筋層)や隣接する臓器にまでがんが広がった「筋層浸潤性膀胱がん」では、隣接する臓器の一部を一緒にとりのぞくこともあります。
治療効果を上げるために、術前または術後に全身薬物療法を行う場合があります。

図 膀胱全摘除術でとりのぞく範囲

膀胱全摘除術でとりのぞく範囲

●尿路変向術とは

腎臓で作られた尿は、尿管を通って膀胱にたまり、尿道から体外に排出されます。しかし、「膀胱全摘除術」を行うと、尿をためる膀胱をとり出してしまうため、尿が通る道を新たに作る必要があります。これを「尿路変向術」といいます。

「尿路変向術」にはいくつかの方法がありますが、基本的には、尿を排出する通り道(ストーマ)を新たにお腹に作ります。

図 尿路変向術の例

腸の一部を切り離して尿の通り道として使用します。
片側に尿管をつなげ、もう片方をお腹から外部に出るように縫い付け、ストーマ(尿の排出口)にします。

尿路変向術の例

 

上の図のような「尿路変向術」を行った場合、尿をためる膀胱がないので、代わりに尿をためるパウチ(袋)をストーマに貼り付けます。パウチに尿がたまったら、その都度トイレに流します。

このほか、腸から人工的に膀胱を作って尿道をつなぐ手術法などがあります。

自然排尿型代用膀胱造設術
  1. 4)吉田修 監. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん. 医薬ジャーナル社, p58-63, 2010.
  2. 5)国立がん研究センター. がん情報サービス, それぞれのがんの解説(膀胱がん)(2017年3月時点)

iv. 膀胱温存療法 6,7)

「筋層浸潤性膀胱がん」の基本的な治療は「膀胱全摘除術(膀胱をすべてとりのぞく手術)」と「尿路変向術」ですが、これらは手術の負担が大きく、また、QOL(生活の質)に影響します。そのため、膀胱の機能を残すためにそれらの手術を行わず「全身薬物療法」と「放射線療法」を組みあわせた治療(膀胱温存療法)をする場合もあります。

しかし、すべての膀胱がんが「膀胱温存療法」の対象となるわけではありません。 がんの数が多いほど、また、がんのサイズが大きくなるほど、再発や転移のリスクもともなうため、「膀胱温存療法」が難しくなります。また、患者さんが「薬物療法」や「放射線療法」の治療に耐えられる体力があることも条件になります。

  1. 6)吉田修 監. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん. 医薬ジャーナル社, p76-79, 2010.
  2. 7)藤井靖久 他. 泌尿器外科 2014; 27: 1617-1622.

②放射線療法 8)

「放射線療法」は、がんのある部位に放射線を当てて、がん細胞にダメージを与える治療法です。
手術と異なり体に傷をつけないため、体への負担が少なく、高齢者や合併症がある患者さんにも治療ができます。
また、がんによる膀胱からの出血や、骨への転移による痛みを軽減するために「放射線療法」を行うことがあります。

  1. 8)吉田修 監. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん, 医薬ジャーナル社, p70-75, 2010.

③薬物療法

i. 薬物療法とは 9,10)

薬物療法は、膀胱などに広がったがん細胞に効果を示すことが期待される治療です。
どの薬剤を用いて治療を行うのかは、膀胱がんの組織型、病期(進行の程度、ステージ)、患者さんの全身状態(治療に耐えうる体力)や年齢が考慮されます。また、作用の異なる薬剤を組みあわせて用いる併用療法も広く行われています。

膀胱がんの薬物治療には、「膀胱内注入療法」と「全身薬物療法」があります。

療法 対象
膀胱内注入療法
(膀注療法)
BCG膀注療法 0期~Ⅰ期
抗がん剤膀注療法
全身薬物療法 Ⅱ~Ⅲ期(膀胱温存療法)、Ⅳ期
  1. 9)日本泌尿器科学会 編. 膀胱癌診療ガイドライン 2015年版. 医学図書出版, p25, 62, 93, 2015.
  2. 10)国立がん研究センター. がん情報サービス, それぞれのがんの解説(膀胱がん)(2017年3月時点)

ii. 膀胱内注入療法(膀注療法)

「膀胱内注入療法」は、「経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)」でとりきれなかったがんや、今後がんになるリスクのある部分に、薬を高濃度で触れさせられるメリットがあり、再発を抑えたり、がん細胞がほかの組織に入りこむ(浸潤する)のを防ぐ目的で行われます。
膀胱の中に薬剤を入れるときには、尿道から膀胱へカテーテル(医療用の細い管)をさしこむ必要があります。

具体的には、尿道から膀胱へカテーテルをさしこみ、抗がん剤やBCG(ウシに感染する結核菌の毒性を弱めたワクチン)などの薬を入れ、一定時間排尿をがまんして膀胱内にとどめます。

図 膀注療法のイメージ

膀注療法のイメージ

iii. 全身薬物療法

「全身薬物療法」は、内服や点滴により薬剤を投与し、全身にめぐらせ、がんの増殖を抑えます。

膀胱がんの薬物療法は、作用の違いにより「化学療法」、「免疫チェックポイント阻害薬」による治療の2つに分けられます。

全身薬物療法

●化学療法

「化学療法」は、抗がん剤を使ってがん細胞が増えるのを抑える治療法です。
膀胱がんの化学療法で用いる抗がん剤は、プラチナ製剤とよばれる種類の薬剤のほか、いくつかの薬剤を組みあわせて治療します。
化学療法は転移のある場合に行われます。また、膀胱全摘除術を行っても再発や転移の可能性が高い場合にも実施します。「膀胱全摘除術」の前または後に行う化学療法をそれぞれ「術前化学療法」、「術後化学療法」といいます。

●免疫チェックポイント阻害薬

免疫は、細菌やウイルス、がん細胞などの異物をみつけると、それを排除するためにさまざまな働きをします。一方、その働きが過剰になりすぎて体を傷つけてしまわないようにブレーキをかける機能も備わっています。 このような免疫の働きを利用し、がん細胞を排除するのが免疫チェックポイント阻害薬による「がん免疫療法」です。

T細胞はがん細胞を攻撃します。しかし、がん細胞表面にあるPD-L1という物質が、T細胞表面のPD-1と結合すると、がん細胞からT細胞に攻撃中止のシグナルが発信されます。それにより、がん細胞に対するT細胞の攻撃にブレーキがかかります。

免疫チェックポイント阻害薬はPD-1とPD-L1の結合を阻害し、がん細胞からT細胞に送られているシグナルを遮断します。その結果、T細胞のブレーキは解除され、がん細胞への攻撃が再開されます。この結果、抗がん作用が発揮されると考えられています。

免疫チェックポイント阻害薬によって免疫が働きすぎて、副作用として現れることがあります。