治療後の生活をよりよく過ごすために


術後の経過観察1)

手術後は、経過観察のために定期的に受診して、経過を確認することが大切です。
日本乳癌学会が編集している「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」では、手術後の検査とその頻度として、次のような目安が紹介されています。これらの病院による検査に加え、手術していない側の乳房の状態をセルフチェックすることも大切です。毎月1回、日を決めて、自己検診を続けてください。

手術後の検査とその頻度
手術後の検査とその頻度

日本乳癌学会 編. 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版. 金原出版, p128, 2016.

  1. 日本乳癌学会 編. 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版. 金原出版, p128-129, 2016.