治療後の生活をよりよく過ごすために


手術後のリハビリテーション1)

乳がんの手術後は、リンパ液が腕や手に溜まって、腕がむくんだり、しびれることがあります(リンパ浮腫)。手術後のリンパ浮腫や腕・肩の動かしにくさを予防するために、リハビリテーションを行いましょう。手術翌日から行いますが、退院後も自宅で続けてください。

手術翌日から

指を1本ずつ折り曲げたり、じゃんけんしたりする。

ベッドに寝たまま、肘を曲げ伸ばしする。肩関節は動かさない。

手術後1週間まで

肘を伸ばし、手首と肘を内側と外側に回す。

肘を90度に曲げ、肘から先を内側と外側に回す。

肘を伸ばして腕を下ろし、健康なほうの手で肘を支える。手術したほうの腕で前後左右に力を入れる。

上体をかがめ、腕を自然に下ろし、振り子のように回す。

手術後1週間~10日

腕を前方や側方に上げる。最初のうちは健康なほうの手で支えてもよい。

手術したほうの腕を上げて、反対側の肩をつかむ。

前方の壁に向かい、両腕をできるだけ高く上げる。

木下貴之, 田村研治 監. 国立がん研究センターの乳がんの本. 小学館, p97-98, 2018.を参考に作成

  1. 木下貴之, 田村研治 監. 国立がん研究センターの乳がんの本. 小学館, p96-98, 2018.