子宮体がんの進行期分類


手術進行期(ステージ)分類の決定

子宮体がんが発見されれば、手術の前にCTやMRIなどの画像診断でがんの広がっている状態を調べ、進行期(ステージ)を推定します。子宮体がんの進行期はがんの広がりや浸潤によってⅠ期~Ⅳ期に分かれます。ただし、子宮体がんの場合、手術を行ってがんの広がり具合を確認してから、進行期を決定します。手術後は、進行期や再発するリスクがどの程度あるかによって、追加治療が検討されます。

子宮体がんの手術進行期分類(日本産科婦人科学会2011年、FIGO〈フィゴ〉 2008年)1)

日本産科婦人科学会・日本病理学会 編. 子宮体癌取扱い規約 病理編第4版. 金原出版, 2017.より改変