肺がんの薬物治療前の検査

最近では、肺がんの治療方針を決定する際に、患者さんのがん細胞の特性を調べることで、一人ひとりの患者さんにとって、最も治療効果の期待できる薬剤を選ぶ「個別化治療」が行われるようになってきています。
肺がんの場合、個別化治療のために行われる検査には、確定診断後、肺がんの特徴的な遺伝子を調べる検査があります。このような診断による治療を精密治療といいます。