ホジキンリンパ腫とは

ホジキンリンパ腫とは

リンパ球とリンパ系組織

血液の中には、酸素を運搬する「赤血球」、細菌やウイルスなどの異物から体を守る「白血球」、出血を止める「血小板」などの血液細胞があります。リンパ球は、さまざまな種類がある白血球の中の一種で、細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入してくると攻撃・排除しようとする「免疫」において中心的な役割を担っています。リンパ球には、さらにNK(ナチュラルキラー)細胞、T細胞(Tリンパ球)、B細胞(Bリンパ球)などの種類があり、免疫においてそれぞれ異なる役割を担いチームをつくって働いています。

リンパ球のはたらき

リンパ球のはたらき

リンパ球は、血液が流れる全身の血管のほかにも、全身に網の目のように広がるリンパ管を出入りすることで、体内をくまなくパトロールしています。リンパ管には、リンパ球をはじめとした白血球と血漿などの液体成分がゆっくり流れており(リンパ液)、免疫にかかわる細胞の通り道となっています。
首やわきの下、足のつけ根などの要所にはリンパ管が集まったリンパ節があり、たくわえられたリンパ球が異物がないかをチェックして取り除く「関所」のようなはたらきをしています。このほかにも体の中には、リンパ液が流れこみ免疫の機能に関わっている組織や臓器として扁桃腺、脾臓などがあり、これらとリンパ管やリンパ節をまとめてリンパ系組織と呼びます。

主なリンパ系組織

主なリンパ系組織