発症のしかた

ホジキンリンパ腫は、 がん化したリンパ球が無制限に増えることで発症します。がん化したリンパ球がリンパ管を通じて全身に散らばり、リンパ節をはじめとしたリンパ系組織に集まってかたまりをつくると、リンパ節などの腫れ(しこり・こぶ)がみられるようになります。ホジキンリンパ腫ではまれですが、リンパ系組織以外の臓器にかたまりができることもあります。

ホジキンリンパ腫の発症のしかた

ホジキンリンパ腫の発症のしかた