がんと免疫機能

私たちの体内には、病気をひきおこす細菌やウイルス、がん細胞などから体を守る「免疫」という防衛機能が備わっています。
T細胞をはじめとする免疫機能は、がん細胞を攻撃し体内からがん細胞を排除しています。

しかし、がん細胞は生き残るために免疫機能による攻撃に対しブレーキをかける信号を送ります。
ブレーキをかける信号は、がん細胞などの表面にあるPD-L1というタンパク質がT細胞表面のPD-1と結合することにより発信されます。