検査・診断


がん診断までの流れ1-3)

卵巣は骨盤の深いところにあり、卵巣やその周囲の状況を正確に調べることが難しい臓器です。
そのため、まずは内診や経腟超音波検査を行い、より詳しい検査を行う必要があれば、CT検査やMRI検査を行います。
さらに、血液検査を行い、腫瘍があるときに血液中に増加するタンパク質(腫瘍マーカー)を測定することもあります。
その結果、卵巣がんが疑われる場合、手術により卵巣やその周辺の状況を直接観察したり、摘出した腫瘍を顕微鏡を使って検査して、がんであるかどうかを調べます。

  1. 日本産科婦人科学会・日本病理学会 編. 卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取扱い規約 第1版. 金原出版, p14-20, 2016.
  2. 日本婦人科腫瘍学会 編. 患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン 第2版. 金原出版, p152, 2016.
  3. 日本婦人科腫瘍学会 編. 患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン 第2版. 金原出版, p157, 2016.