原因:「腎盂・尿管がん」の原因は?

腎盂・尿管がんの原因として、いくつかの因子との関連性が知られています。1,2)

●喫煙との関連

喫煙は、もっとも重要な危険因子とされており、喫煙者は非喫煙者と比べ、腎盂尿管がんの発症リスクが約3倍高くなるといわれています。

喫煙との関連

●原因となる化学物質との関連

染料などに用いられる化学物質(芳香族アミン類)や、石油や木炭、アスファルト、タールなどを仕事で扱っている人は、腎盂・尿管がんの発症リスクが高くなるといわれています。

原因となる化学物質との関連

また、かつて解熱・鎮痛薬に含有されていた成分(フェナセチン)も、腎盂・尿管がんの発生要因になりうるといわれています。なお、フェナセチンは現在、日本では使用されていません。

そのほか、アリストロキア酸を含む植物(食物や漢方薬)の摂取も原因になるといわれています。

  1. 1)McLaughlin JK, et al. Cancer Res 1992; 52: 254-257.
  2. 2)日本泌尿器科学会 編. 腎盂・尿管癌診療ガイドライン 2014年版.メディカルレビュー社, p12-14, 2014.