がんのお話


がんは身近な病気

●全国がん登録制度 3)

2016年1月より「全国がん登録」制度がスタートしました。これはがんと診断された人のデータをすべて国で一元管理するシステムです。この制度発足以前は、罹患数などはすべて推計であり、正しい数字を把握することができませんでした。この制度により、がんの実態を知ることができ、罹患数や死亡数など正確な統計情報が得られるようになります。国のがん対策や地域医療計画の作成などに利用できるので、がんの治療や予防に役立ちます。

3)国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」全国がん登録とは(2020年3月時点)

●がん罹患数・死亡数

がんの罹患数(がんにかかる人の数)や死亡数は、人口の高齢化を主な要因として男女とも年々増え続けています。国立がん研究センターの統計では、2012年のがん罹患数は1985年の約2.5倍、2015年のがん死亡数は1985年の約2倍でした4)。がんの種類の傾向としては、2019年の罹患数は大腸がんがトップで、胃がん、肺がん、乳がん(女性)、前立腺がんと続き、死亡数では、肺がん、大腸がん、胃がん、膵臓がんが上位を占めると予測されています。
また、2019年に新たにがんと診断される人は、約101万7千200人と予測されています5)
一生のうちにがんにかかる確率は男性63%、女性48%であり、2人に1人はがんにかかると試算されている6)ことからも、がんは誰にとっても身近な病気といえます。

4)国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」年次推移(2020年3月時点)
5)国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」2019年のがん統計予測(2020年3月時点)
6)国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」最新がん統計(2020年3月時点)

がん罹患数

部位別がん罹患数推移(1980年~2014年)
部位別がん粗罹患率推移

公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計<2018年版>」部位別がん罹患数推移(1980年~2014年)

がん死亡数

部位別がん死亡数年次推移(1965年~2017年)
部位別がん粗死亡率年次推移

公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計<2018年版>」部位別がん死亡数年次推移(1965年~2014年)