がんを生きるHOME > がん治療費と仕事 > 支給を受けるには?
Close Mobile Navigation

がん種共通情報



がん治療費と仕事



支給を受けるには?


“認定証”を事前に掲示して窓口での自己負担を上限額までとする方法と、いったん窓口で自己負担を全額支払った後に申請により上限額を超えた金額の払い戻しを受ける方法があります。

•“認定証”で窓口での支払いを上限額までとする方法

これから高額な医療費を支払う予定がある場合に便利です。入院する前に手続きをしておけば、一度に用意する費用を少なくできます。

①認定証の交付申請を行う ↓認定証 ②窓口に認定証を掲示すると、以後の支払いが上限額までとなる

•いったん窓口で支払った後に申請により払い戻しを受ける方法

すでに支払いを済ませてしまった高額な医療費がある場合でも、申請により過去にさかのぼって支給を受けることができます。

①窓口で支払いを済ませる ↓ ②支給申請を行う ↓ ③自己負担額の上限を超えた金額が払い戻される

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.