食道がんとは


食道について1,2)

食道はのどから胃の入り口までをつなぐ筒状の臓器です。胃や腸のように食べ物を消化する働きはなく、筋肉の動きで口から入った食べ物を胃に送り届けます。

食べ物を口から飲み込むと食道の筋肉が収縮します。この収縮によるくびれが上から順に次々と起こることで、食べ物が胃まで運ばれていきます。寝ている姿勢でも問題なく食事ができるのはそのためです。

食べ物を胃に運ぶ食道の動き
図:食べ物を胃に運ぶ食道の動き

宮﨑招久 他監. 病気を見きわめる 胃腸のしくみ事典, 技術評論社, p15, 2017

食道は、長さ約25cm、太さ約2~3cmであり、のどからみぞおちにかけて体のほぼ中央にあります。上から順に、くび(頸部[けいぶ])、胸(胸部)、お腹(腹部)と、大きく3つの部位に分かれており、それぞれの部位を頸部食道、胸部食道、腹部食道といいます。胸部食道は、肺や心臓、心臓から出ている大動脈などの重要な臓器が近くにあります。

食道と周りの臓器
図:食道と周りの臓器

食道の壁は粘膜、粘膜下層、固有筋層、外膜の4層からなり、胃や腸よりも1枚少なく外側に漿膜(しょうまく)とよばれる強い膜がありません。

食道の構造
図:食道の構造
  1. 細川正夫 監. 食道がんのすべてがわかる本, 講談社, p10-13, 2015
  2. 宮﨑招久 他監. 病気を見きわめる胃腸のしくみ事典, 技術評論社, p15, 2017