検査・診断


検査の内容1)

検査の目的

  • 食道がんを確定するため
  • 全身への転移を調べて治療方針を決定するため

食道がんの診断のための検査

食道内視鏡検査
  • 口または鼻から内視鏡を入れて直接観察します。
  • がんの位置や大きさ、深さなどを確認します。
  • 異常部分の組織を採取して、病理検査を行います。
上部消化管造影検査
  • バリウムを飲み、X線で撮影します。
  • 病変の場所や大きさ、食道の狭さなど、食道の全体を調べます。
超音波(エコー)検査
  • 内視鏡の先に超音波装置を付け、食道の壁の状態などを観察します。
  • 食道がんの深さや他の臓器への影響などを調べます。
病理検査
  • 内視鏡検査で採取した組織を顕微鏡によって観察します。
  • がん細胞の有無や種類などを詳しく調べます。
CT、MRI検査
  • X線や磁気を使って、体の内部の断面を見る検査です。
  • がんの周りへの広がりの状況や、他の臓器への転移の有無などを調べます。
PET検査
(陽電子放射断層撮影検査)
  • がん細胞の性質を利用して全身のがん細胞を検出する検査です。
  • 全身の転移の有無などを調べます。
腫瘍マーカー
(血液検査)
  • がんが作り出す物質を測定する血液検査です。がんの状態の変化を把握する参考になります。
  • 食道がんでは、SCC抗原(扁平上皮[へんぺいじょうひ]がん関連抗原)、抗p53抗体、CEA(がん胎児性抗原)、CYFRA21-1(サイトケラチン19フラグメント)などが使われます。
  1. 国立がん研究センターがん対策情報センター. がんの冊子各種がんシリーズ102 食道がん, p6-8, 2018