治療中、治療後の生活


退院後の通院1)

退院後や治療後には定期的な経過観察を行います。全身の状態を確認して、後遺症や日常生活で困っている症状などを確認するためです。また、食道でのがんの再発や他の臓器への転移、重複(ちょうふく)がんなどを早期発見するためにも、定期的な受診や検査はとても大切です。

定期検診では問診や触診をはじめ、血液検査、内視鏡検査、超音波検査、CT検査などを行います。診察や検査の頻度は行った治療によって異なります。再発や重複がんは2~3年以内に発症することが多いといわれていますが、その後に起こることもあります。定期検診は欠かさず受けるようにしましょう。

もし日常生活で以下のような症状があらわれた場合には、早めに医師に伝えるようにしましょう。

気がついたらすぐに受診すべき症状

  • 首のはれ
  • 声のかすれ
  • 痛み
  • 呼吸がしづらい
  • 血の混ざった痰
  • 骨や関節の痛み
  • お腹の腫れ
  • 胸の痛み、咳
  • 背中や腰の重い痛み
イラスト
  1. 国立がん研究センターがん対策情報センター. がんの冊子 各種がんシリーズ102 食道がん, p25, 2018