薬物療法

薬物療法は、放射線療法と組み合わせて行う場合と、薬物療法のみを行う場合があります。多くの場合、進行がんに対して行われます。

①放射線療法の治療効果を高める目的で、放射線療法と薬物療法を併用します(化学放射線療法)。

②外科療法や放射線療法を行わない場合、遠隔転移がある場合などに薬物療法を実施します。

③外科療法や放射線療法の前(導入化学療法)や後(補助化学療法)に行う場合もあります。