がんを生きるHOME > MSI-High固形がんTOP > MSI-High固形がんとは > DNAの複製とミスの修復
Close Mobile Navigation

MSI-High固形がん




えむえすあい   は     

MSI- High固形がんとは




MSI-High(えむえすあい-はい;高頻度マイクロサテライト不安定性)固形がんとは、発生した臓器にかかわらず、がんのタイプをあらわした呼び方です。


DNAの複製とミスの修復


マイクロサテライトとは

DNAには、マイクロサテライトと呼ばれる1~数塩基の塩基配列の繰り返し(反復)があちこちに存在しています。
マイクロサテライトでは、DNA複製時にミスが生じやすいことが知られています1)

  1. 川平正博 他. 腫瘍内科 2017; 20: 325-330.

DNAの複製とミスの修復

DNAは、細胞が分裂する際や損傷を受けた際の修復時に、まったく同じものが複製されます。DNAが正確に複製され、細胞が同じ状態で維持されることは、私たちが生きていくために必要です。

しかし、DNA複製時には一定の確率でミスが生じます。本来これらのミスは修復され、元通りになりますが、ミスを修復するしくみが働かず(MMR欠損)、ミスが積み重なり、正常ではないDNAがたくさん作られることで、異常な細胞が増えてしまい、がんになる場合があります。

MMR; mismatch repair(ミスマッチ修復)

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.