腎細胞がんとは


罹患数

国内における2015年の腎・尿路(膀胱除く)がんの罹患数(新たにがんと診断された数)は、男性で約17,000人、女性で約8,000人であり、男女比はおよそ2:1です1)
加齢とともに増加し、とくに60~70歳代で多くみられます。

近年、腎細胞がんが早期発見できるようになり、罹患数は増加傾向にあります。

  1. 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」、“腎・尿路(膀胱除く)”のがん罹患数(2019年3月時点)