腎細胞がんとは


症状

腎細胞がんの症状として、初期は自覚症状をほとんど認めません。健康診断などで腹部の画像検査を受けたときに偶然発見されることが多いです。

進行して、がんが大きくなると、血尿、腎臓のあたりの痛みや腫れ・しこりがあらわれたり、発熱、体重減少、貧血などの全身症状があらわれることがあります。
一方、無症状のまま進行し、他の臓器に転移してはじめて、症状が認められることもあります。

進行した腎細胞がんの症状