がんを生きるHOME > 腎細胞がんTOP > 腎細胞がんの治療 > 病期別の治療方針
Close Mobile Navigation

腎細胞がん


腎細胞がんの治療



病期別の治療方針


•Ⅰ~Ⅲ期の治療方針

治療の基本は手術療法ですが、原発巣の広がりによって、手術療法で切除する範囲が異なります。

Ⅰ~Ⅲ期の治療方針

注)腎細胞がんが小さな患者さんで、高齢者や合併症による手術に伴うリスクがある場合などに、経皮的局所療法や監視療法を考慮

監修:北海道大学大学院医学研究院 腎泌尿器外科学教室 教授 篠原 信雄 先生

•Ⅳ期の治療方針

遠隔転移がある場合、薬物療法が中心となりますが、原発巣や転移巣(※)の切除により、さらなる予後の改善を目指します。

Ⅳ期の治療方針

監修:北海道大学大学院医学研究院 腎泌尿器外科学教室 教授 篠原 信雄 先生

※ 転移巣(てんいそう)
最初にがんが発生した部位のがん細胞が、血液やリンパ液の流れにのって、他の臓器に移動して、増殖したがん病変。


がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.