サブタイプ分類1, 2)

乳がんは、がん細胞の性質によって、薬の反応性や増殖する力の強さなどが異なります。
乳がん細胞を、性質を示す指標(ホルモン感受性・HER2過剰発現・がん細胞の増殖能力:Ki-67)によって5種類に分類したのがサブタイプ分類です。薬物療法は、サブタイプに応じて適切な治療が選択されます。

ルミナル型:女性ホルモンに対する受容体(エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体)をもつ「女性ホルモン受容体陽性乳がん」の大部分と一致する乳がんのこと

HER2陽性:がんの増殖に重要な役割を果たしているHER2受容体が過剰に発現しているタイプの乳がんのこと

トリプルネガティブ:2つの女性ホルモン受容体(エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体)とHER2受容体をもっていない乳がんのこと

日本乳癌学会 編. 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版. 金原出版, p126, 2016.
日本乳癌学会 編. 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版. 金原出版, p240, 2018. を参考に作成

  1. 日本乳癌学会 編. 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版. 金原出版, p126, 2016.
  2. 日本乳癌学会 編. 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版. 金原出版, p240, 2018.