がんを生きるHOME > 肺がんTOP > 肺がんの種類、病期 > 肺がんの組織型分類
Close Mobile Navigation

肺がん



肺がんの種類、病期



肺がんの組織型分類


がんの病変から採った組織を顕微鏡で調べる検査(病理検査)の結果によって、肺がんはいくつかの組織型に分類されます。
肺がんは、以下の組織の特徴に応じて「腺がん」「扁平上皮がん」「小細胞がん」「大細胞がん 」の4種類に分類します。
小細胞肺がんは、肺がん全体の約15~20%を占めます。小細胞肺がん以外の肺がんは非小細胞肺がんといわれ、腺がん、大細胞がん、扁平上皮がんの総称です。これら3つの非小細胞肺がんの中では腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんの順に頻度が高いとされています。

国立がん研究センターがん情報サービス「肺がん 基礎知識」(2020年1月7日時点)

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















このサイトはMSDが運営しています
Copyright © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.