がんを生きるHOME > 膵がんTOP > 膵がんとは > 膵臓の位置と機能
Close Mobile Navigation

膵がん




膵がんとは




膵臓の位置と機能1,2)


膵臓は、みぞおちの少し下、胃の後ろ側にある細長い臓器で、胃、小腸(十二指腸)、肝臓、脾臓(ひぞう)に囲まれて左右に横たわっています。長さは15〜20cm、厚みは2cmほどで薄黄色をしています。
膵臓の主な働きは、「膵液」という消化液を分泌して食べ物の消化を助ける「外分泌機能」と、インスリンなどのホルモンを分泌して血糖値を一定濃度に調整する「内分泌機能」があります。

膵臓の機能

外分泌機能

膵液(トリプシン、アミラーゼなど)を分泌してタンパク質や脂肪、炭水化物の消化を助ける

内分泌機能

血糖値を調整するホルモン(インスリン、グルカゴンなど)を血液中に分泌して、血糖値を一定濃度に調節する


  1. 国立がん研究センターがん情報サービス「膵臓がん」(2020年9月現在)
  2. 日本膵臓学会編:患者・市民・医療者をつなぐ膵がん診療ガイドライン2019の解説, p6-8, 金原出版, 2020

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.