がんを生きるHOME > 原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫(PMBCL)TOP > どんな検査をするの? > 悪性リンパ腫の診断の流れ
Close Mobile Navigation

原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫(PMBCL)




どんな検査をするの?




悪性リンパ腫の診断の流れ


ここでは、一般的な悪性リンパ腫の診断の流れについて解説をします。
リンパ節に痛みのない腫れがあるなど、悪性リンパ腫が疑われる場合は、診断のための診察や検査を行います。悪性リンパ腫の種類によっては、すぐにでも治療を始める必要があります。気になる症状があるときは早めに受診して診断を受けることが大切です。

日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版 Web版,2020 より作成

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

原発性縦隔大細胞型
B細胞リンパ腫(PMBCL)

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー




















This site is operated by MSD
Copyright © 2024 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.