がんを生きるHOME > 膀胱がんTOP > 膀胱がんの検査・診断 > 受診のきっかけ
Close Mobile Navigation

膀胱がん


膀胱がんの検査・診断



受診のきっかけ 1)


膀胱がんの多くは、血尿などをきっかけに病院を受診して発見されます。
また、健康診断の結果で潜血尿(尿中に微量の血が混じっている状態)を指摘されたり、排尿後にまだ尿が残っている感じや、お腹の不快感などの症状から病院を受診して発見されることもあります。

血尿

健診時の指摘
(顕微鏡的血尿)

残尿感、下腹部不快感
などにより受診

  1. 吉田修 監. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん. 医薬ジャーナル社, p18-21, 30-33, 2010.

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















このサイトはMSDが運営しています
Copyright © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.