肺がんとは


早期発見のための検診

肺がんは、統計上死亡数の高いがんとされていますが、早期に発見することで、がんを完全に取り除き根治できる可能性もあります。肺がんは特有の症状などがないことも多く、早期に発見するためには、症状がなくても定期的に胸部X線検査などの検診を受診することが大切です。なかでも、喫煙歴のある40歳以上の人は肺がんの発生リスクが高いため、特に注意が必要です。