再発・転移を見逃さないために

治療によって一度消失したように見えたがんがまた出現してきたり、がんが他の部位に新しく認められたりする場合があります。これらをそれぞれ「再発」および「転移」といいます。
寛解に至ったあとも定期的な検査を受けることが大切です。治療終了後も、医師の指示を守って必ず定期検査を受けましょう。