肺がんの治療法

肺がんの治療法には、主に外科療法(手術)、放射線療法、薬物療法があります。
薬物療法では抗悪性腫瘍薬を用いた従来の化学療法に加え、近年、分子標的治療薬を用いた治療や免疫療法という新たなメカニズムによる治療法も注目されています。また、がんによる症状を和らげるための緩和医療・緩和ケア(対症療法)や治療による副作用を軽減する支持療法もあります。

それぞれの治療法は単独で行う場合もありますが、多くの場合組み合わせて行われます。複数の治療法を組み合わせて行う治療のことを「集学的治療」と言います。

どの治療法がよいか、どの治療法を組み合わせるのかといった実際の治療方針は、個々の患者さんで次の3点を考慮したうえで決定されます。

  1. 病理検査による肺がんの組織型、遺伝子変異・増幅および遺伝子産物発現の有無
  2. 肺がんの病期(進行の程度)
  3. 患者さんの全身状態(治療を受けられるだけの体力)、病歴、年齢、合併症など