進行期メラノーマの治療

がんが所属リンパ節より遠くの皮膚、皮下組織、リンパ節や内臓に転移した場合(Ⅳ期)は、薬物療法が中心となります。

●化学療法(抗がん剤による治療)

抗がん剤を使ってがん細胞を攻撃する治療です。がん細胞が遺伝子を合成したり細胞分裂したりするしくみを阻害することで、がん細胞の増殖を阻止します。

●免疫チェックポイント阻害薬による治療

がん細胞は増殖するために、人に本来備わっている免疫機能(がん細胞などを攻撃する機能)にブレーキをかけます。免疫チェックポイント阻害薬は、このがん細胞によるブレーキを解除し、本来の免疫機能を活性化させます。免疫チェックポイント阻害薬そのものが、直接的にがん細胞を攻撃するのではなく、免疫機能を活性化することで間接的にがん細胞を攻撃します。

●分子標的療法

がんの発生や増殖に関わる分子を狙い撃ちする治療です。がん遺伝子やがんのタンパク質などを標的としてその働きを阻害し、がん細胞の増殖を抑えます。

●放射線治療

高エネルギーのX線や電子線を照射し、がん細胞を攻撃する治療です。メラノーマでは、主に脳や脊髄、骨への転移に対して、症状や痛みを和らげる目的で行われます。

*所属リンパ節:がんが最初に転移すると予想される部位のリンパ節群(例:右第1趾にメラノーマができた場合は、右の膝、右のそけい(大腿のつけ根)が所属リンパ節の位置になります)