腎細胞がんの治療


治療法

手術療法

腎細胞がんの広がりなどを考慮したうえで、腎摘除(※1)術または腎部分切除術を行います。
術式として、開腹手術だけでなく、患者さんの体への負担を軽くするために、腹腔鏡下手術やロボット支援手術などが行われるようになっています。

※1 摘除(てきじょ)
手術によって、病変した部分をとりのぞくこと。

腎摘除術

がん病変と一緒に腎臓をすべて切除します。
がんが広がっていなければ、副腎は残すことができます。
片方の腎臓がなくなるため、腎機能が低下する可能性があります。

腎摘除術

腎部分切除術

腎実質をできるだけ残す手術で、原発巣が小さい患者さんや腎機能障害の患者さんなどに行います。

腎部分切除術

放射線療法

腎細胞がんでは、転移巣の痛みなどの症状をやわらげることを目的として行います。
骨転移や脳転移の場合、病変に放射線をさまざまな角度から集中して照射する「定位放射線療法」が行われます。

放射線療法

経皮的局所療法

腎細胞がんが小さな場合で、高齢者、合併症などによる手術のリスクがある患者さんや手術療法を希望しない患者さんに対して、経皮的局所療法を行うことがあります。

経皮的凍結療法
ラジオ波焼灼術

いずれも、腎機能の温存が可能で、局所麻酔で皮膚から専用針を刺して、部分的に凍らせたり、熱したりすることで、がんを壊すので、患者さんの負担が少なく、腎機能を保つことができます。

薬物療法

遠隔転移がある場合、薬物療法が中心となります。
体内に取り込んだ薬が体中をめぐり、腎細胞がんだけでなく、転移したがん細胞にも作用して、増殖を抑えます。
腎細胞がんの薬物療法として、サイトカイン療法、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬などがあり、患者さんの治療歴、組織型、全身状態、効果や副作用などを考慮して薬剤を選択します。

薬物療法

サイトカイン療法

インターフェロンα(IFNα)やインターロイキン2(IL-2)などのサイトカインと呼ばれるたんぱく質を投与することで、免疫細胞を活性化させる治療です。
免疫チェックポイント阻害薬による治療とサイトカイン療法は免疫のはたらきを活かした治療のため免疫療法とも呼ばれます。

サイトカイン療法

分子標的治療薬

がん細胞の増殖や血管新生(※2)にかかわる特定の分子を標的として作用し、がん細胞の増殖を抑える薬です。

分類
はたらき
チロシンキナーゼ阻害薬
がん細胞の増殖にかかわる分子のはたらきを阻害します。
腎細胞がんでは、主にがん細胞による血管新生を阻害する薬(血管新生阻害薬)が用いられます。
mTOR阻害薬
がん細胞の増殖や血管新生をうながす信号を途中でとめてしまうことで、がん細胞の増殖と血管新生を抑えます。

※2 血管新生(けっかんしんせい)
がん細胞が血管を新たにつくる分子を出して、がん細胞の増殖に必要な栄養や酸素を補給するための血管をつくること。腎細胞がんは血管新生にかかわる分子を多く出している。

免疫チェックポイント阻害薬

免疫は、細菌やウイルス、がん細胞などの異物を攻撃して排除するようさまざまなはたらきをします。また、はたらきが過剰になりすぎると、体を傷つけてしまうため、免疫機能にブレーキをかける仕組みも備わっています。

がん細胞はこの仕組みを利用して、免疫機能に対するブレーキをかけることで、免疫細胞の攻撃から逃れていることがあります。
免疫チェックポイント阻害薬は、「免疫機能に対するブレーキ」を解除し、活性化した本来の免疫機能により、がん細胞を攻撃します。

免疫チェックポイント阻害薬

監視療法

腎細胞がんが小さな患者さん(とくに、高齢者や合併症による手術に伴うリスクがある場合)では、ひとまず治療を行わずに、経過観察することがあり、これを監視療法といいます。