がんを生きるHOME > 腎細胞がんTOP > 腎細胞がんとは > 原因
Close Mobile Navigation

腎細胞がん


腎細胞がんとは



原因


腎細胞がんの発症には、さまざまな要因が影響していると考えられています。

喫煙者や肥満、高血圧、腎疾患のある方、有機溶剤などを使用する職業の方で、腎細胞がんの発症リスクが高いといわれています。また、一部の腎細胞がんでは、遺伝子異常[VHL(※)など]が発症に影響しています。

※ VHL(von Hippel-Lindau:フォン ヒッペル リンドウ)遺伝子
腎臓の細胞ががん化するのを抑えるはたらきをする、がん抑制遺伝子のひとつ。生まれつきVHL遺伝子に異常があるVHL病患者さんは腎細胞がんを発症しやすい。


がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.