頭頸部がんとは


頭頸部がんとは1)2)

頭頸部(とうけいぶ)とは、鼻、口、舌、のど、あご、耳などを含む頭部から頸部(首)までの範囲をさします(脳、眼球、歯をのぞく)。これらの器官は食事をする、呼吸をする、声を出す、聞くといった、日常生活を送る上で必要な行為と大きく関わっています。喉頭は空気の通り道である気道の入り口にある器官で、声帯などがあります。咽頭は鼻の奥から食道までの飲食物と空気が通る部位で、筋肉と粘膜でできた器官です。

頭頸部に発生したがんをまとめて、頭頸部がんと呼びます。主な種類として口腔がん、鼻・副鼻腔がん、喉頭がん、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん、唾液腺がんなどがあります。

頭頸部がんが発生する部位
頭頸部がんが発生する部位
  1. 岸本誠司 他. がんを見逃さない-頭頸部癌診療の最前線, 中山書店, p2, 2013
  2. 渡邉一夫 他. からだにやさしい耳・鼻・喉・口・眼のがん治療, 近代セールス社, p.8, 2018