がんを生きるHOME > 乳がん TOP > 検査と診断 > サブタイプ分類
Close Mobile Navigation

乳がん




検査と診断




サブタイプ分類1, 2)


乳がんは、がん細胞の性質によって、薬の反応性や増殖する力の強さなどが異なります。
乳がん細胞を、性質を示す指標(ホルモン感受性・HER2過剰発現・がん細胞の増殖能力:Ki-67)によって5種類に分類したのがサブタイプ分類です。薬物療法は、サブタイプに応じて適切な治療が選択されます。


ルミナル型:

女性ホルモンに対する受容体(エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体)をもつ「女性ホルモン受容体陽性乳がん」の大部分と一致する乳がんのこと

HER2陽性:

がんの増殖に重要な役割を果たしているHER2受容体が過剰に発現しているタイプの乳がんのこと

トリプルネガティブ:

2つの女性ホルモン受容体(エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体)とHER2受容体を発現していない乳がんのこと

日本乳癌学会 編. 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2019年版. 金原出版, p140, 2019.
日本乳癌学会 編. 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版. 金原出版, p240, 2018. を参考に作成

  1. 日本乳癌学会 編. 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2019年版. 金原出版, p140, 2019.
  2. 日本乳癌学会 編. 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版. 金原出版, p240, 2018.

•トリプルネガティブ乳がん(TNBC)について

トリプルネガティブ乳がんとは、がん細胞に、ホルモン受容体である①エストロゲン受容体と②プロゲステロン受容体、そして③HER2(ハーツ―)タンパクの3つ(トリプル)がいずれも発現していないタイプの乳がんのことをいいます。
TNBCは、乳がん全体の約15%~20%を占めます1)。また、若い世代の乳がん患者では、TNBCの比率が比較的高いことが特徴です2)

Shibuta K, et al. Breast Cancer. 2011; 18: 292-298. より作図

  1. Yao H, et al. Oncotarget. 2017;8:1913–1924.
  2. Shibuta K, et al. Breast Cancer. 2011; 18: 292-298.

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.