がんを生きるHOME > 食道がんTOP > 食道がんとは > 重複がんとは
Close Mobile Navigation

食道がん




食道がんとは




重複(ちょうふく)がんとは


食道がんの約2割が、食道以外にも複数の場所にがんが発生する「重複がん」といわれています。
食道がんの主な要因である飲酒や喫煙をはじめ、食べ過ぎや肥満といった生活習慣が長く続いている場合、食道だけでなく他の部位にも同じように悪い影響を及ぼしてしまうため、全身にがんが発生しやすい状態となります。

特に食道と同じように刺激を受けている、咽頭(いんとう)や喉頭(こうとう)、胃腸や肺では重複がんが多く、これらは同時に発生することもあれば、異なる時期に発生することもあります。

食道がんと重複がん

図:食道がんと重複がん

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.