がんを生きるHOME > 皮膚がん/メラノーマTOP > 治療の考え方 > 病期ごとの治療選択
Close Mobile Navigation

皮膚がん/メラノーマ


治療の考え方

監修:札幌医科大学医学部皮膚科学講座 教授 宇原 久 先生



病期ごとの治療選択


メラノーマの治療で中心となるのは手術によるがんの切除ですが、病期ごとに以下のような治療が選択されています。

病期と治療

日本皮膚科学会/日本皮膚悪性腫瘍学会編. 皮膚悪性腫瘍ガイドライ
ン第3版 メラノーマ診療ガイドライン2019
より作成

*原発巣:がんが最初に発生した部位にある病巣
センチネルリンパ節生検とは?
‡リンパ節郭清:転移があるリンパ節とその周囲のリンパ節を含む組織を切除すること

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.