がんを生きるHOME > 腎細胞がんTOP > 腎細胞がんの治療 > 経過観察
Close Mobile Navigation

腎細胞がん


腎細胞がんの治療



経過観察


がんの治療を受けた患者さんにおいて、術後の回復状況、薬剤の効果と副作用、全身の状態、再発・転移の有無を定期的に確認するために経過観察を行います。

経過観察のスケジュールや検査内容は患者さんごとに異なります。
早い段階で再発・転移を発見できれば、治療選択肢が広がります。医師と相談しながら、定期的に受診することが大切です。

腎細胞がんの経過観察

腎細胞がんの経過観察

参考:日本泌尿器科学会 編. 腎癌診療ガイドライン2017年版. メディカルレビュー社, p5, p123-126, 2017

経過観察時における日常生活の注意点として、薬物療法を受けている患者さんは、自宅療養中の体調や服薬について自己管理を行うことが必要です。
また、腎摘除術や腎部分切除術を受けた患者さんは、残った腎臓に負担をかけないよう食事や水分摂取などの注意が大切です。
わからないことや気になることがあれば、医師、看護師、薬剤師に相談しましょう。


がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.