がんを生きるHOME > 子宮頸がんTOP > 子宮頸がんの治療 > 子宮頸がんの根治的治療後の経過観察
Close Mobile Navigation

子宮頸がん




子宮頸がんの治療




子宮頸がんの根治的治療後の経過観察


経過観察の期間と間隔1)

一通り治療が終われば、通院して経過観察します。再発や転移、術後の合併症、後遺症を早期発見するためです。通院期間は5年間以上。頻度のめやすは、1~2年目は1~3ヵ月ごとです。その後は徐々に通院ペースを落としていきます。定期的に診察を受けることで再発を早期発見することができます。定期的に通院して経過観察することは重要です。


標準的な経過観察の目安

 1~2年目      ⇒  1~3ヵ月ごとに1回
 3年目            ⇒  3~6ヵ月ごとに1回
 4~5年目    ⇒  6ヵ月ごとに1回
 6年目以降  ⇒  1年ごとに1回


日本婦人科腫瘍学会 編. 子宮頸癌治療ガイドライン 2017年版. 金原出版, p180-181, 2017.

経過観察中に行われる検査項目1, 2)

経過観察中に行う検査には、触診や内診、直腸診、細胞診、胸部X線検査、腫瘍マーカー、CT、MRIなどがあります。患者さんの状態にあわせ行います。


  1. 日本婦人科腫瘍学会 編. 患者さんとご家族のための子宮頸がん 子宮体がん 卵巣がん 治療ガイドライン第2版. 金原出版, p65-66, 2016.
  2. 日本婦人科腫瘍学会 編. 子宮頸癌治療ガイドライン 2017年版. 金原出版, p182-183, 2017.

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.