がんを生きるHOME > がん治療費と仕事 > 高額療養費制度とは?
Close Mobile Navigation

がん種共通情報



がん治療費と仕事



高額療養費制度とは?


•ご存知ですか? 高額療養費制度

高額療養費制度とは、がん治療などで医療費が高額になった場合に、患者さんの経済的負担が過重なものにならないよう、自己負担の上限額を設け、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月(月の始めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その金額が支給される制度です。公的医療保険に加入されている方なら、申請すればどなたでも制度を利用することができます。

※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

【参考】高額療養費制度を利用される皆さまへ (厚生労働省ウェブサイト)

•自己負担の上限額とは?

自己負担のうち上限額を超えた分の金額が、高額療養費として支給されます。自己負担の上限額は、年齢(70歳以上か未満か)や所得によって異なります。また、1年間に高額療養費の支給を3回以上受けたことがある場合(多数回該当)など、条件によっては自己負担の上限額がさらに軽減される仕組みがあります。

<例>
70歳以上・年収約370万円~770万円の場合(3割負担)
100万円の医療費で、窓口の負担(3割)が30万円かかる場合

高額療養費として支給 30万円-87,430円=212,570円 負担の上限額 80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円 →212,570円を高額療養費として支給し、実際の自己負担額は87,430円となります。

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.