がんを生きるHOME > 膀胱がんTOP > 治療後の生活 > 治療にともなう症状
Close Mobile Navigation

膀胱がん


治療後の生活



治療にともなう症状 1)


薬物療法や手術療法にともなう症状として、血尿や頻尿、残尿感など、尿に関わる症状が出ることがあります。また、再発によってこれらの症状が出たり、発熱や体重減少、腹痛が出る場合もあります。
いずれの場合も、症状が続くようなら医師に相談しましょう。

膀胱がんの治療後にみられる症状

膀胱がんの再発にともなう症状

  • 尿に血が混じる(血尿)
  • 排尿時の痛み(排尿痛)
  • おしっこが近い、回数が多い(頻尿)
  • 排尿後にまだ尿が残っている感じ(残尿感)
  • がまんできない尿意を突然感じる(尿意切迫感)
  • 下腹部の違和感、痛み

がんの転移にともなう症状

  • せき
  • 痰(たん)に血が混じる
  • 骨が痛む
  • お腹が痛む
  • 食欲がなくなる
  • 体重が減少する

1) 吉田修 監. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん. 医薬ジャーナル社, p98-103, 2010.から作成


がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.