がんを生きるHOME > 子宮頸がんTOP > 子宮頸がんの治療 > 同時化学放射線療法
Close Mobile Navigation

子宮頸がん




子宮頸がんの治療




同時化学放射線療法


同時化学放射線療法1)

手術でがんを摘出することが難しい場合などは、放射線治療で根治をめざす(根治的放射線治療)とともに、化学療法(抗がん剤治療)も行います。これを「同時化学放射線療法」と呼びます。抗がん剤は放射線治療の効果を高め、骨盤内での再発を防ぐとともに、全身に広がる目に見えないがん細胞にダメージを与えます。


  1. 日本婦人科腫瘍学会 編. 患者さんとご家族のための子宮頸がん 子宮体がん 卵巣がん 治療ガイドライン第2版. 金原出版, p43-47, 2016.

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















このサイトはMSDが運営しています
Copyright © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.