がんを生きるHOME > 食道がんTOP > 検査・診断 > 病期
Close Mobile Navigation

食道がん




検査・診断




病期1,2)


様々な検査によって全身を調べることで、食道がんの「病期(ステージ)」が決まります。病期とはがんの進行の程度を分類したもので、食道がんでは以下の3つの因子の組み合わせによって、病期を分類します(TNM分類)。

T因子:食道壁の4層のうち、どの深さまで広がっているか(深達度[しんたつど])
N因子:どこのリンパ節まで転移しているか(リンパ節転移)
M因子:別の臓器への転移はあるか(遠隔転移)

深達度の分類(T因子)

図:深達度の分類(T因子)

国立がん研究センターがん対策情報センター. がんの冊子 各種がんシリーズ102 食道がん, p10, 2018より作成


TNM分類による食道がんの病期

図:TNM分類による食道がんの病期

日本食道学会 編. 食道癌取扱い規約 第11版, 金原出版, p21, 2015より改変

病期別の治療法

  1. 国立がん研究センターがん対策情報センター. がんの冊子各種がんシリーズ102 食道がん, p10, 2018
  2. 日本食道学会 編. 食道癌取扱い規約第11版, 金原出版, p21, 2015

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.


6