がんを生きるHOME > 肝細胞がんTOP > 肝細胞がんとは > 肝臓とは
Close Mobile Navigation

肝細胞がん


肝細胞がんとは



肝臓とは


肝臓の構造1)

肝臓は日本人成人男性での重量が約1450g、女性で約1240g程度の体内で最大の臓器です。腹部の右上にあり、胃、腸、胆のう、膵臓の近くに位置しています。

肝臓の位置と構造

肝臓のはたらき1)

肝臓は、胃腸から吸収された栄養分を門脈から取り込んで体に必要な成分に変える、物質代謝の中枢として働いています。また、胆管を通して胆汁を腸に送り出し、体内の不要な物質を解毒し排泄する排泄器としても働きます。

  1. 坂井建雄. 標準解剖学 第1版. 医学書院. p45-125, 2017

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.