がんを生きるHOME > ホジキンリンパ腫TOP > くらしについて知っておきたいポイントは? > 妊娠・生殖機能について
Close Mobile Navigation

ホジキンリンパ腫




くらしについて知っておきたいポイントは?




妊娠・生殖機能について


事前に医師に相談・情報収集を

治療法の進歩によって、がんを克服される患者さんも増えてきました。しかし、がんの治療内容によっては、女性であれば卵巣機能に、男性であれば精子をつくる機能に影響を与えることがあります。
将来、お子さんをもつことを希望している患者さんは、治療開始前に医師に相談しておきましょう。

「小児・若年がん長期生存者に対する妊孕性のエビデンスと生殖医療ネットワーク構築に関する研究」班.小児・若年がん長期生存者に対する妊孕性のエビデンスと生殖医療ネットワーク構築に関する研究ポータルサイト(http://www.j-sfp.org/ped/


参考情報
「小児・若年がん長期生存者に対する妊孕性のエビデンスと生殖医療ネットワーク構築に関する研究」班. がん治療を開始するにあたって〈抗がん剤編〉将来の出産を希望される女性患者さんへ
http://www.j-sfp.org/ped/dl/cancer_treatment_brochure_f_jp.pdf
「小児・若年がん長期生存者に対する妊孕性のエビデンスと生殖医療ネットワーク構築に関する研究」班. がん治療を開始するにあたって 将来お子さんを希望される男性患者さんへ
http://www.j-sfp.org/ped/dl/cancer_treatment_brochure_m_jp202206.pdf

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

原発性縦隔大細胞型
B細胞リンパ腫(PMBCL)

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー




















This site is operated by MSD
Copyright © 2024 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.