がんを生きるHOME > 腎盂・尿管がんTOP > 腎盂・尿管がんの検査・診断 > がん診断までの流れ
Close Mobile Navigation

腎盂・尿管がん


腎盂・尿管がんの検査・診断



がん診断までの流れ 1,2)


腎盂・尿管がんの検査には、

  • がんの有無の見当をつける検査(自然尿の細胞診)
  • がんの確定診断を行う検査(CT尿路検査や超音波〔エコー〕検査などの画像検査、尿管鏡・膀胱鏡検査〔部位別の尿細胞診〕)
  • 治療方針を決めるために実施する検査(骨シンチグラフィ検査)

などがあります。
腎盂・尿管がんの検査では、病理組織を採取して調べることが困難なこともあり、確定診断はCT尿路検査や超音波(エコー)検査などの「画像検査」と「尿細胞診」、そのほか複数の検査を組みあわせて行います。

  1. 日本泌尿器科学会 編. 腎盂・尿管癌診療ガイドライン 2014年版.メディカルレビュー社, p18-23, 2014.
  2. 井上克己 他. 昭和学士会誌 2016; 76: 108-115.

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.