がんを生きるHOME > 皮膚がん/メラノーマTOP > 検査・診断 > メラノーマと診断されたら
Close Mobile Navigation

皮膚がん/メラノーマ


検査・診断

監修:札幌医科大学医学部皮膚科学講座 教授 宇原 久 先生



メラノーマと診断されたら


メラノーマの診断後は、個々の患者さんの状態、主治医をはじめとする医療スタッフの考えや方針(治療に関する国内外のガイドラインの推奨など)、患者さんご本人やご家族の意向・要望、セカンドオピニオンなどの情報をもとに、治療についての検討がなされます。そして、インフォームドコンセント(説明と同意)を患者さん・ご家族から得た上で、最終的な治療方針が決定されます。なお、この時の決定事項はいつでも撤回できます。

治療や今後の生活について、不明な点、心配なことがあったら、同意後であっても主治医や医療スタッフに相談してみましょう。

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん





















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.