がんを生きるHOME > 腎細胞がんTOP > 腎細胞がんの治療 > 再発・転移
Close Mobile Navigation

腎細胞がん


腎細胞がんの治療



再発・転移


治療が成功したようにみえても、再発や転移することがあります。
転移のない腎細胞がんで腎切除を受けた患者さんにおいて、5年までの再発率はおよそ20%1)でした。

1)Cindolo L et al. Cancer 2005; 104: 1362-1371

腎細胞がんは血流にのって肺、骨、肝臓などの別の臓器に転移しやすく、転移巣が先に発見されることもあります。再発・転移を早期に発見して、早期に治療を開始するためにも、定期的な受診・検査が重要です。

腎細胞がんが再発・転移しやすい場所と主な症状

腎細胞がんが再発・転移しやすい場所と主な症状

がんについて

肺がん

乳がん

食道がん

膵がん

肝細胞がん

膀胱がん

腎細胞がん

腎盂・尿管がん

頭頸部がん

皮膚がん/メラノーマ

子宮体がん

子宮頸がん

卵巣がん

ホジキンリンパ腫

MSI-High固形がん

TMB-High固形がん



がんを生きる メニュー



















This site is operated by MSD
Copyright  © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.